トップ / 学校の基本を考えていく

学校の話を詳しくなる

学校の基本を考えていく

学校もまた広報活動が大事です

学校もまた今では民間企業のようなPR活動が大事です。少子高齢化社会となった今、ごく普通に平凡と組織を運営しているだけでは、過疎化によって通学する生徒数がドンドン減少に転じていきます。既に過疎化や少子高齢化によって廃校に追い込まれた学校もあります。民間企業のようにホームページやSNSを介して、広報に努める必要が出てきました。校内のイベントを地域住民にPRしたり、遠方の市民にも情報が伝わるようにネット上に画像や動画をUPしましょう。どんな校風なのか、普段からどういった活動やイベントをしているか、広報で地域住民にPR出来れば、自ずと組織の知名度はアップします。

生徒も広報活動の一員になり得る

広報は生徒数を確保する手段になるので、とりわけ力を入れている教育機関が存在するのは珍しい現象と言えないです。学習効果を披露するほど入学を決意させる情報源として使えますし、地域全体への活動報告も兼ねて学校への理解を深めさせられます。職員が一致団結して広報の活動に臨む光景がよく見られますが、生徒にも協力させると効果が高まります。授業を受ける側の視点で物事を考えていくと、職員には考えつかなかった要素が学校の良さを増長させる契機になるからです。意見を出しやすい環境整備に徹すれば、生徒も建設的な案を出します。

↑PAGE TOP

Copyright © 学校を基礎から知ろう. All rights reserved.