トップ / 学校の基本を知りたい

学校の学びを深める

学校の基本を知りたい

昔の学校の建築の良さ

古い校舎というのは、美的にも優れていて、よく映画やアニメにも好ましい建築の象徴のようにして使われています。昔つくられた木造校舎は、手すりの装飾も凝っていて、高級旅館さながらの趣があります。子供の数の減少に伴い、廃校となる学校が増えてきていますが、鉄筋コンクリート造りとなる前の木造校舎は、取り壊すのが惜しまれます。メインテナンスがたいへんでしょうが、地域のコミュニティーセンターなどにでも活用して残してほしいものです。新しい箱ものを次々と建てるのではなく、古い学校を修繕しながら利用していく方向に進んでいくべきでしょう。

オープンな建築の校舎

学校の校舎は、教室ごとに細かく細分化された建築が長らく主流となっていましたが、近年、教室の壁を取り払ってオープンスペースを設けるつくりが増えつつあります。文部科学省から、オープンスペース型の校舎づくりに対して補助金が出たこともあって、学校をそうしたつくりにする自治体が増えたようです。これはたいへん好ましい傾向でしょう。教室は密室となりやすく、そのことで問題も生じやすくなっている面があります。どこからも誰からも目が届きやすいところに子供たちを置くというのは、大切なことです。公園の例からもそれは言えることでしょう。

↑PAGE TOP

Copyright © 学校を基礎から知ろう. All rights reserved.